MENU

 自分の将来の夢と言うものはそれまではあまり考えたことがなかったのです。
普通に就職して仕事をするのかな、その程度でした。
だけどアンティーク雑貨と出会うことができて、お店を持ちたいというとっても強い夢を持つようになってしまったのでした。
だからオシャレな雑貨を集めるの抑えて、アルバイト代は貯蓄に回すようにしたのです。
実は親にも大学を卒業したら店を開きたいって話してみたんです。
そうしたら猛反対されてしまったのでした。
「今みたいに不景気な世の中なんだから、お店なんて本当に危ないよ。
借金を背負うことになるし、まともな企業に就職してちゃんと働いた方がイイんだから」
自分の夢を応援して貰えると思っていましたが、親としては反対するって感じだったのです。
確かにとても不景気だから、お店をオープンしたところで儲けが出るかどうかなんて分りません。
だけど、やっぱり夢はチャレンジしていかなきゃ意味がないって気持ちもありました。
大好きなアンティーク雑貨に囲まれた生活をする、それを仕事にするなんてどう考えても諦めることができません。
だから、何としてでもその資金を蓄えなければいけなかったのです。
アルバイト代を貯蓄するようになって、やっと30万円程度集めることができました。
私なりに店をオープンするための開業資金はどのぐらいかって言うの試算してみたんです。
そうしたら300万円は最低でも必要になることが分りました。

今のままアルバイト代を貯蓄していても、通ってその金額まで溜め込むことは絶対に不可能だと言う感じになってしまいました。
親はどうしても普通の仕事をしなければダメだと言うから、資金援助はしてもらうことができません。
だけどやっぱり夢は諦めたくない、なにか方法がないかと考えるようになりました。